プロフィール

永遠の甲子園球児

Author:永遠の甲子園球児
某県の有名高校で甲子園出場した甲子園球児が
(もう何年も前ですが・・・)(゜_゜>)

1人のファンとして
1人の野球人として
1人の単なるオヤジとして
小言をいうブログヽ(^。^)ノ


フリーエリア

人気ブログランキング

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

おすすめサイト(^^♪

イチ押し!!

これはどう!?

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島順延・・


個人投資家も次第に増え
ネット口座も需要が増している今日この頃・・・・


ココで簡単に株式口座を開設!!

資料請求からでもOK  ヽ(^。^)ノ








今日から鹿児島大会が開催予定でしたが雨で順延となりました。

残念・・・



北海道はベスト32が決定!!


北海学園札幌、恵庭北、立命館慶洋、札幌日大
札幌一、駒大苫小牧など。 トーナメント表はコチラ@@@


http://www2.asahi.com/koshien/


【山口県大会の展望】

混戦ムードが強いが、春夏連続出場を狙う宇部商が総合力で一歩リードする。制球のよい右腕高橋を中心に守りが堅く、打線も切れ目がない。選抜大会で接戦をものにしたことでチーム力が一段と高まった。
 華陵、西京、柳井商が続く。春の県大会準優勝の柳井商は左腕大下、右腕矢次の二枚看板が攻撃でも軸。豊浦は48年ぶりに春の県大会を制し、中国大会は4強。山田―山内のバッテリーを軸に守りからリズムをつくり、機動力を生かした攻めが身上だ。

私的見解↓

まぁ春夏出場を目指す宇部商、春季中国大会ベスト4の豊浦が中心。
続いて華陵、西京、柳井商あとは上記以外では強豪岩国や下関商なども注目か。

【広島県大会の展望】

選抜大会8強の広陵は、初戦で自彊―大柿の勝者と対戦する。同じゾーンには、一昨年の代表校高陽東が入った。3回戦で対戦が実現すれば序盤では注目のカードになる。もう一つのシードには府中東が入った。

 昨秋の県大会、中国大会、春季県大会で広陵と好勝負をしてきた盈進がいるゾーンは、今大会屈指の右腕樋口賢がいる尾道商、3年ぶりの優勝を目指す広島商、甲子園経験が豊富な三原新二郎監督率いる山陽と有力校が多い。硬式野球部が復活し、11年ぶりの出場となった久井の相手は明王台に決まった。

 昨年の代表・如水館のゾーンは、攻守にまとまりのある賀茂、強力打線が持ち味の広島工なども上位をうかがう。春季県大会で準優勝の呉宮原が入ったゾーンは、昨年大会で準優勝した崇徳、国際学院など、実力が伯仲したチームが並ぶ。

これからは私的見解★

選抜出場、春季中国大会優勝の広陵が筆頭。
盈進、崇徳、如水館、広島商、尾道商
広島大会準優勝の呉宮原などが追う。
まぁ、広陵は県内公式戦は負けなしですから
他チームにぜひ頑張って欲しいですね。

【静岡県大会】

選抜大会覇者の常葉菊川が頭ひとつ抜け、常葉橘、東海大翔洋、静岡などが追う展開が予想される。
 常葉菊川の積極打線は健在。メンバーを大幅に入れ替えて出場した春季県大会は初戦敗退だったが、酒井の本塁打など7長打と底力をみせた。制球が持ち味の田中、戸狩の両左腕に夏を投げきる力強さがつけば、文句なしの本命。強肩・強打の石岡のリードにも期待がかかる。
 常葉橘は、秋、春2回の東海大会を経験。春の県大会決勝は、16安打で東海大翔洋を圧倒した。最速144キロの1年生右腕・庄司にも注目が集まる。
 攻撃力のある東海大翔洋、静岡、浜松工も、投手を中心とした守備力が上がれば怖い存在。昨年代表の静岡商は、甲子園を経験したエース大野を中心に守備力が安定。強打のチームがひしめく中、犠打でつなぐ機動力野球が奏功するか。

ここから私的見解☆ミ

春季は初戦敗退とはいえ、常葉菊川の選抜優勝の経験は大きく軸不動。
対抗は兄弟校の常葉橘が春優勝で勢いに乗る。
しかし、例年波乱が多い地区だけに
静清工、東海大翔洋、静岡、小笠などシード校もチャンス充分。

【長野大会の展望】

  昨秋と今春の県大会を制した長野日大は「県3連覇」を掲げ、気合は十分。2年連続で準優勝に甘んじている佐久長聖は右腕松浦の復調が鍵。上田西も左腕近藤と2年生投手に安定感がある。春の選抜大会でベスト16入りした創造学園大付や、全国最多タイの選手権大会33回出場を誇る松商学園、長野商も地力がある。

見解~☆ミ


 県内では長野日大が無敗であり中心か。だが、他校との差は無く
シードの松商学園、上田西、佐久長聖、春の選抜出場の
創造学園大付(旧塚原青雲)が続く。
シードの長野商、昨夏出場の松代といった公立勢にも注目。

【京都府大会の展望】

 昨年の選手権大会8強の福知山成美、春季府大会優勝の立命館が優勢。京都外大西はノーシードだが、地力を秘めている。
 福知山成美は投打のバランスがいい。 立命館は、春季近畿大会1回戦でサヨナラ勝ちし、持ち味の粘り強さを発揮した。
 京都外大西は一昨年夏の甲子園で5勝を挙げ、準優勝の原動力となった右腕本田が主将としてチームを引っ張る。京都成章、平安、東山、立命館宇治、公立では鳥羽、乙訓(おとくに)、西城陽などにも注目だ

私的見解@@@

総合力の福知山成美と粘り強い立命館が中心か。
京都外大西は1年の時から投げる本田次第。
平安、乙訓、京都成章、東山などが続く。
好左腕擁する京都すばるも面白い存在。

スポンサーサイト

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

<< 鹿商勝利!! | ホーム | 沖縄ベスト16決定!! >>


コメント

"ローリング効果になるために30代,40から転職"

通常債券の利回りは長期債利回りが高く、短期債利回りが低い(イールドカーブが右上がりである) http://stent.ellingtonrecords.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。